熱海

熱海「起雲閣(きうんかく)」で、大正・昭和の浪漫に浸る

2021年08月27日 更新

スポット
  • レジャー・体験
  • 公園・施設
  • 花・自然
  • パワースポット
  • アート・カルチャー

起雲閣は「熱海の三大別荘」と称賛された名邸のひとつ。海運王と呼ばれた実業家内田信也が1919年(大正8年)に別荘として築き、1947年(昭和22年)に旅館として再建された。
太宰治・山本有三など多くの文豪に愛されたこの宿は、2000年に熱海市の所有となり、現在は熱海市指定有形文化財として一般公開されている。伝統的な日本建築の和館と、和洋中の様式を融合させた独特の雰囲気を持つ洋館が緑豊かな一千坪の庭園を囲むように建ち並ぶ。



庭園を望む喫茶室は旅館時代のバースペースで、当時の趣のある調度品に囲まれながらまったりとしたひとときを味わえる。
施設内では企画展や体験教室などのイベントも開催されている。見学と併せて体験型の観光を楽しんでみては。イベント情報はWEBで。

【基本情報】
静岡県熱海市昭和町4-2
電話番号⇒0557-86-3101
⇒公式サイトはこちら

地図を見る

静岡県民限定のお得情報は
こちらからも配信中!