熱海

【コラム】見て触って撮って楽しい!「熱海トリックアート迷宮館」へ行ってきました(スタッフ金刺)

2022年04月12日 更新

スポット
  • アート・カルチャー
  • レジャー・体験

熱海トリックアート迷宮館

©2020 (株) エス ・ デー

この記事を書いた人



温泉ぱらだいす静岡
スタッフ金刺

静岡に住んで4年目、東部の清水町在住の金刺(かねざし)です。海なし県(岐阜)出身の私にとって、オーシャンビューのお宿が多い静岡はワクワクの連続!魚介類のおいしい静岡グルメなど、どっぷり静岡の魅力にハマっています♪特に西伊豆・中伊豆・下田エリアの情報を発信して参ります。


熱海城の別館で、約50点のユニークなアート作品が展示されている「熱海トリックアート迷宮館」。見て、触って、撮って楽しめるとあって、県内外問わず多くの観光客が訪れる人気スポットです。

今回は温ぱらスタッフ6名で楽しんできた様子を、たくさんの写真とともにお届けします!

熱海城との共通券で割引に♪

ロープウェイチケット今回私たちは「熱海ロープウェイ」に乗車したので、ロープウェイ降り場から徒歩で向かいました。乗り場付近にあるコインパーキングに荷物も預けられるので便利です。

車で直接向かう場合は「熱海城」近くの駐車場が利用できます。

チケット
チケットは「熱海城」受付で共通券を購入しました。

通常、それぞれ1,000円(小・中学生は550円、4~6歳は400円)の入場料となりますが、共通券の場合は1,700円(小・中学生は900円、4~6歳は650円)の割引価格で購入できるのでお得。

⇒「熱海城」の詳しい情報はこちら

時期によっては、チケット購入窓口に長蛇の列ができていることもあるようですよ。できるだけ早めの時間に行くことをおすすめします。

いざ、トリックアートの世界へ!

入館時は、係の方がトリックアートの説明をしてくれます。実際に動いたり、絵に触ったりしながら説明してくださるので、これがすごくわかりやすいのです!

目で見て認識している絵と、実際に触って見たときの絵との違いにはびっくり!不思議な感覚になりました。
※入館時はアルコール消毒を行い、写真撮影時以外はマスク着用で楽しみましょう。

それではトリックアート作品の一部をご紹介いたします!

サメ©2020 (株) エス ・ デー

サメに飲み込まれる寸前の臨場感が伝わってくる写真。良い表情で撮れています♪

撮影見本が貼られているので、まずは見本通り撮ってみるのも良し、自分たちでオリジナルの1枚を考えてみるのも良しです。みんなでどんな写真を撮るか考えるのも盛り上がりますよ。

サル©2020 (株) エス ・ デー

鏡かと思いきや…?こちらも不思議な1枚ですね。絵だけではなく、実際に椅子に座ったり、絵に乗ったりしながらの撮影も楽しいです。

ペンギン©2020 (株) エス ・ デー

この撮影ブースでは、係の方に撮影していただきました。ペンギンが本当に同じ空間にいるみたいですね。

撮影場所はいたって普通のお部屋なのに、こんな写真が撮影できるなんて本当に面白いです。

熱海トリックアート迷宮館
想像以上の作品数が展示されていた「熱海トリックアート迷宮館」。なかなか見ることのできないトリックアートの写真を撮影できて、良い思い出になりました。体を動かしながら撮影したため、帰る頃には汗だくになっていました(笑)。

カップルや夫婦で楽しむおでかけ先としてはもちろん、お子さま連れの方には特におすすめです。屋内施設なので、雨の日も気にせず楽しめますよ。

ぜひ皆さんも不思議なトリックアートの世界を楽しんでくださいね♪

◆熱海トリックアート迷宮館周辺のお宿はこちら

宿泊プランを見る

※プランを見るには会員登録(無料)が必要です



【場所】
熱海トリックアート迷宮館
静岡県熱海市熱海1993

【営業時間】
9時~17時(入場は16時30分まで)
※年中無休

【チケット料金】
■トリックアート迷宮館
大人:1000円
小中学生:550円
4~6歳:400円

■トリックアート迷宮館+熱海城共通券
大人:1700円
小中学生:900円
4~6歳:650円

【駐車場】
1回500円(250台)     

【お問い合わせ】
熱海トリックアート迷宮館
0557-82-7761

⇒熱海トリックアート迷宮館公式サイトはこちら

地図を見る

静岡県民限定のお得情報は
こちらからも配信中!